岡山駅徒歩5分 桃太郎大通り モモデンタルクリニック インプラント専門サイト

当院のインプラント治療の特徴


  • 丁寧なカウンセリング


  • 清潔な設備で治療を


  • 最新のインプラント技術



歯を失ったままにしておくと・・・


例えばかみ合わせが悪くなり、食事が楽しめない。
言葉をうまく発音できず、人との会話にためらいを感じる。

歯を失ったことが原因で、
生活を充分に楽しめていないと感じるのは、
あなただけではありません。

あなたの悩みを解決するために、
インプラント治療を考えてみませんか。

『1本くらい歯が無くても、今まで通り食事も出来るし、それに奥歯だから見えないし平気だよ!』

本当に大丈夫でしょうか?
放置している間に、今まで咬み合っていた歯が、咬む相手を探して伸びてきたり、
周囲の歯が歯周病や虫歯になりやすくなります。
次は隣の歯が犠牲になる可能性もあります。

インプラント治療は通常の歯を削る歯科治療とは違い、外科的処置(手術)が必要な治療です。

その為、専門性の高い技術を必要とし、また、非常に精密に治療を行わなければならない為、
万全の体制で治療に臨まなければなりません。

当クリニックでは、衛生面、機能面ともに、万全の体制で治療に臨めるよう、
完全個室のオペ室を完備しております。
治療に当たって必要な機器を機能的に配備することにより、
スムーズに精密な治療を可能となり、また、無菌化した空間で治療が行える為、
徹底した衛生管理の下に治療を行うことが可能です。

まずはお気軽にお問合せ下さい。

カウンセリングについて


患者様によってお口の問題や悩みはさまざまです。
歯並びや噛み合わせ・顎の骨の形によっても治療方法が異なってきます。
カウンセリングでは、患者様のお悩みやご希望をじっくりと伺い、診察やお口の写真を撮影を行った上で、最適な治療方法と、期間・治療費等のご提案をさせて頂きます。

設備と技術


当院では、完全個室の専用オペ室を完備しています。
また「歯科用CT・3Dシュミレーションソフト」などのインプラント治療に適した設備もご用意。

院長はインプラント専門医として大学病院などで講演をおこなっており、常に最新の治療技術を取り入れています。

モモデンタルクリニックコロナ対策

コロナ対策にご協力ください。
来院されるすべての方対策のお願い

1.来院時アルコールによる手指消毒をお願いしています。
受付前に設置

2.体温測定をさせていただいています。
37.2℃以上の方は、当日の治療を中止させていただきます。
受付のスタッフが測定します。

モモデンタルクリニックの対策


  • グローブ、エプロンなど患者様1人ごとに交換しています。
  • 換気扇は全て(6か所)常に回しています。
  • 入口の手すりは1時間に2回以上アルコールで拭いています。
  • 皆様が触れる雑誌など下げております。
  • スタッフは1日複数回の手洗いに2回以上のアルコール手指消毒、毎朝の体温測定を義務づけています。
  • 当院のスタッフ全員マスク、ゴーグル等を着用しています。
  • チェアーは患者様ご使用後アルコールで拭いています。
  • 治療で使用する医療器材は洗浄・消毒・滅菌をしています。
    超音波洗浄、アルコールワッテ消毒、オートクレーブ滅菌
  • 院内には空気清浄機を3台、ウイルス感染対策として、マジックボールを2台設置しています。


マジックボールとは、水と専用ソリューションを混ぜたものを撹拌し気化させることで発生したアンティバックミストにより、ウイルスやバクテリアを退治するだけでなく、香りや空気清浄効果が得られます。

マジックボールの機能構造


  1. ヘッドとボウルの隙間から空気中に浮遊するウイルス、バクテリアを吸い込む
  2. 洗浄された空気と共にantibac2Kソリューションのミストが空気中に噴霧され、ウイルスを不活化する
  3. ガラスボールの中でソリューションが取り入れた空気を除菌・消臭する


生菌を空気中に噴霧させた検査で、マジックボールにソリューションを加えることで除菌率99.6%!消臭効果も抜群!

コロナウイルスだけでなく、風邪やインフルエンザ対策にも!
さらに、心癒さるアロマの香りも!

マジックボールの機能構造

抗ウイルス作用試験

バイオメディカルサイエンス研究会による検査結果

生菌を空気中に噴霧させた検査で除去率99.96%の検査結果を確認
※一般検査に用いられる類似菌、試菌ではなく生菌検査を実施
※日本国内における検査を実施

試験目的

MAGICBALLから生じるアンティバックソリューションミストにより検体ウイルスに対し不活性化効果を測定
(MAGICBALLの抗ウイルス作用の測定)

試験方法:ウイルスの噴霧と回収

1.本体に水500mlに対し専用液(ソリューション)5mlを加えセットする。
6.50x107(65,000,000菌=6,500万菌)の元ウイルスを噴霧し、マジックボールを15分間作動

2.本体に水500mlのみセットする。
6.50x107(65,000,000菌=6,500万菌)の元ウイルスを噴霧し、マジックボールを15分間作動

※ソリューションの効果を測定するため「水+ソリューション」「水のみ」での作動試験を実施
※マジックボールの作動時間は元ウイルス噴霧終了後、15分間の作動
※ウイルスの感染価・噴霧量=6,500万菌
※試験温度は23℃~25℃

試験成績

検体感染値(PFU/0.1ml)
ソリューション1.3 x 103
3.3 x 105
15分の作動で対照の水と比較して99.96%浮遊検体ウイルスの減少を確認。 (ウイルスの不活化を実証)

検体 感染価(PFU/0.1ml)
ソリューション 1.3×103
水 3.3×105

※antibac2Kソリューション入りのマジックボールは、水のみとも較べても有意にウイルス量を減少させた

試験実施者

NPO法人バイオメディカルサイエンス研究会

http://www.antibacjapan.com/technology_mb.html#mb03

MOMO DENTAL CLINIC